伏見稲荷大社について

京都市伏見区にある伏見稲荷大社は全国に3万社あると言われる稲荷神社の総本社で、稲荷山全体が神域となっている広大な神社です。

御祭神である稲荷大神は五穀豊穣、家内安全、商売繁盛の神様で、和銅4年(711年)に稲荷山に鎮座して以来、約1300年の時を経た今も全国の人々から厚い信仰を集め、様々なご利益が得られる京都屈指のパワースポットとしても人気を集めています。特に近年では外国人観光客にも大人気の観光スポットです。

さて、伏見稲荷大社というとまずほとんどの人が頭に浮かぶのが朱色の鳥居がびっしりと並ぶ『千本鳥居』ではないでしょうか。この鳥居群は伏見稲荷を崇敬している方々が感謝と祈りを込めて奉納したもので、この鳥居を奉納するという信仰はすでに江戸時代に興っていたとされています。現在ではまるで朱色のトンネルのようになっており、鳥居のトンネルをくぐるように歩いていくことができます。この朱色の色には意味があり、生命力や生産力を表すものとされているそうです。この千本鳥居の中を通るだけでも諸願成就や商売繁盛のご利益が得られるとも言われ、パワースポットとしての人気を集めています。また千本鳥居は絶好の写真スポット!多くの外国人観光客がこの千本鳥居を写真におさめています。

伏見稲荷大社がパワースポットと言われる場所はまだ他にもあります。それは千本鳥居を抜けた先にある奥社奉拝所にある『おもかる石』です。このおもかる石は石灯籠の上に乗った石で、この石を持ち上げた時に、思っていた以上に軽ければ願いが叶い、重ければ願い事が叶わないとされています。このおもかる石が伏見稲荷大社の中でも人気のスポットで、連日多くの人がこのおもかる石を持ち上げて願いが叶うか試しています。

伏見稲荷大社へのお参りはこのおもかる石付近で終了する観光客が多いのですが、実は稲荷山全体がハイキングのように周ることができようになっています。全部で2時間ほどかかりますが、コースの途中にも熊鷹社などの様々な見どころがありますので、時間に余裕をもって稲荷山全体を巡ってみることをおすすめしたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ